匝瑳市をあるく SOSA GUIDE

JA | EN
歩こう匝瑳市 Full version

Information

2017/05/31

八重垣神社祇園祭

 

毎年8月4日、5日に行われる八重垣神社祇園祭は、八重垣神社を中心に10町内から合わせて20基以上の神輿が繰り出されます。笛・太鼓の軽快なお囃子に合わせ、担がれる神輿はこの地方特有のスタイルで、「あんりゃぁどした」という威勢のいいかけ声で練り歩く姿は、見ている者も心踊ります。また、神輿の行列に冷水を浴びせかけるのもこの祭りの特徴です。

 従来女性は神輿を担ぐことは許されていませんでしたが、この祇園祭では女人禁制の旧例が緩和されて、女神輿が繰り出されるようになりました。この女神輿は、全国でも珍しい女性だけが担ぐ神輿として注目を集めています。4日の夕方から威勢のいい女性達により、男達に負けじと各町内から10基の神輿が渡御されます。

 この祇園祭のハイライトは5日の神輿連合渡御です。10町内から集まった20基以上の神輿と囃子連は、午前10時30分に八日市場小学校を出発し、その後延々と連なって市街を練り歩きます。夕刻4時過ぎに八重垣神社に次々と入る前には活気が最高潮に達し、担ぎ手達の力の入った渡御が見られます。

 

開催日:平成29年8月4日(金)、5日(土)

時間:4日7:30~22:00 5日10:00~22:00

場所:八重垣神社(匝瑳市八日市場イ)

交通:JR総武本線八日市場駅下車 徒歩5分

問い:匝瑳市産業振興課商工観光室

電話:0479(73)0089

URL:http://yaegaki.web.fc2.com/

2017/05/31

駒まね開催

 毎年7月25日の晩、八重垣神社(旧天王様)の境内で行われる駒まねは、江戸時代から伝わる由緒ある祭りです。
 境内の一隅に注連縄を張って祭場をつくり、そこで近所の人々が持ち寄った青竹を焼いて、五穀豊穣・商売繁盛・無病息災を祈ります。
 天正15年(1587)に紀伊の国の商人、岡田屋惣兵衛が八日市場(福岡)を訪れ、月岡玄藩という武士に了解を得て、6月12日から8日間市を開きました。この市の行われた場所が現在の八重垣神社の境内でした。
 境内では、4隅に生竹の柱を立て、注連縄を張り、商売繁盛の神様を祀りました。商売上手な惣兵衛は、駒(馬)を使って村々を走らせ客集めをしました。この馬が帰ってくるとお祭りも最高潮に達しました。後に人が馬の代わりをするようになり「駒真似」と呼ぶようになりました。

 

日時:平成29年7月25日(火) 17時~21時

場所:本町通り商店街(匝瑳市八日市場イ)

交通:JR総武本線八日市場駅下車 徒歩5分

問い:市場まつり実行委員会

電話:0479(72)2528

 

2017/05/31

市場まつり開催

 “市場まつり”は、旧市名「八日市場」の由来となっている市を復活させて、商業を活性化しようと平成8年から始まりました。
 現在は、毎年7月25日の夜に八重垣神社で行われる伝統行事「駒まね」と同時に開催されています。
 本町通り商店街を中心に植木市、朝市組合の新鮮な野菜などさまざまな出店が軒を連ねるほか、ステージを中心にイベントが行われ、商店街は活気づきます。

 

日時:平成29年7月25日(火) 17時~21時

場所:本町通り商店街(匝瑳市八日市場イ)

交通:JR総武本線八日市場駅下車 徒歩5分

問い:市場まつり実行委員会

電話:0479(72)2528

2017/01/31

Welcome to Sosa City!

  • 史跡をめぐる Histric spots

    日蓮宗最古の学問所「飯高檀林跡」など、周辺の森や寺社とともに、ゆかりの場所を訪ねる散策コースをご紹介。

    史跡をめぐる Histric spots

  • 植木にふれる Garden tree

    日本屈指の「植木のまち」匝瑳市。職人の誇りと伝統が宿る植木は一見の価値あり。

    植木にふれる Garden tree

  • 祭りをたのしむ Festival schedule

    千葉県を代表する祭りのひとつ、八重垣神社衹園祭のほか、匝瑳市で開催されるイベントが盛りだくさん。

    祭りをたのしむ Festival schedule

  • 匝瑳をあじわう Special product

    匝瑳の新鮮野菜など地元特産品の直売所、店主自慢の手打ち蕎麦やとれたての魚介を使った海鮮丼などが味わえます。

    匝瑳をあじわう Special product

匝瑳市観光ガイドブック(全ページ)[18383KB pdfファイル]